カテゴリーから検索はこちら

アルトコインの取引は、手数料が安いBinance
Translate:
QR Code

TRIGニュース:Blocksafe Inc, アメリカとカナダの証券取引所へ上場準備

09/01/2018

 

ces2018

 

TRIGチームがIPOを発表

日本時間の2018年1月9日、CoinAgendaでBlocksafe財団のKevinが”HUGE” newsを発表するとのこと。

風呂敷を広げた結果、そのニュースがこれ。

Blocksafeをアメリカとカナダの証券取引所に上場させるよ~

なんということでしょう!HUGE newsでしたw

 

上場先はどこ?

証券取引所・・・株をやったことがない小生、Wikipediaで鳥人証券取引所を探してみました。以下。

アメリカ:

  • Chicago Stock Exchange(CHX)
  • Nadex(旧HedgeStreet、IGグループ)
  • NASDAQ(NASDAQ OMXグループ)Boston Stock Exchange(BSE、NASDAQ OMXグループ)
  • ニューヨーク商品取引所(NYBOT、インターコンチネンタル取引所傘下)
  • ニューヨーク証券取引所(NYSE)

カナダ:

  • トロント証券取引所(TSX。旧称TSE)
  • Canadian Venture Exchange
  • CNSX(Canadian National Stock Exchange、旧CNQ)
  • Montreal Exchange
  • Nasdaq Canada
  • TSX Venture Exchange

聞いたことがあるのがチラホラ。でも、どこかは明らかにしていないのでわからないですね。

 

上場の目的は?

上場すれば、会社内のいろいろな情報をオープンにしないといけませんが、その分、透明性が出てくるので信用が増します。信用があれば資金が集まり、より大きくて優秀な企業になっていくことが期待できます。

私個人の予想としては、信用を得ることが一番大きいんじゃないかと考えてます。

Blocksafe財団の取引先はどこでしょう? 現状で、NASA、DoD(国防総省)、フィリピン国家警察と関係が深いことは知られています。そのほかに4か国と協議中であることを公表しています。

つまり、上場企業となって経営と業務の透明性を確保すれば、国や関係機関と正式に契約できる下地ができる。これが目的ではないでしょうか。上場の副産物として1.投資家が集まりやすい、2.有望な人材を確保しやすい、3.ブロックチェーンを扱うことでのいい先例となる、4.ブロックチェーン業界全体に大口の資金が投入されやすくなる、といったことがあげられると思います。

ぜひ成功させてほしいですね。

 

TRIGの価格は?

このニュースを受けても、あまり変化はないように見えますが、大口の売り煽りが見られますね。TRIGの発行枚数が少ないこと、3月までの間にニュースが目白押しなので、買い集めたいのが見え見えですねw

現在のTRIG価格は他と比べてかなり安いように思います。その1例を以下に記します。

ここから600倍なんて激熱ですねw 投資が初めての私でもわかりますww

 

TRIGはどこで買える?

現在はBittrexの上場廃止に伴い、Binanceでしか購入できません。しかし、Binanceは現在、1日の登録者数を制限しています。Binance登録用のメールアドレス、パスワードを作成、張り付ける用意をして正座してたまにアクセスしてみてください。(夕方に開放?)

 

09/01/2018暗号通貨, TRIG, ニュース

Posted by Kossy